災害に備えて - 多摩鍼灸整骨院ブログ

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

災害に備えて

災害に備えて

こんにちは!

すっかり朝晩冷え込み、今年の終わりも近づいてきていますが皆さん元気に過ごされていますでしょうか?

お久しぶりの人もそうでない人も、みなみ野院の塩沢です。

 

先日の休みに子どもと出かけた際、立川市にある防災館に行ってまいりました。

多摩地域で育った皆さんの中には、行ったことあるよー!という方も多いはず。

私はというと、わが子共々初めて足を運んでみたわけです。

施設の近くまで来ると、消防車やらはしご車やら、いわゆる男の子たちのテンションが上がる車たちが並んでいたわけですが、うちの娘たちはトミカが好きなこともあり大興奮しておりました(笑)

年齢的な面とコロナの影響から、子どもと一緒に体験できる内容が「地震体験」と「煙体験」の二つだったのでどちらも体験してまいりました。

地震体験では、震度1~7までの揺れを体験でき、娘たちは震度6弱まで体験しておりました。

揺られながら「このぐらいなら平気」と言っていましたが、本当にこれが起こったらどうなるんだろうな、、、と。

実際に関東大震災や東北大震災のデータを基にそれを再現した揺れを他のグループの大人の方々が体験していました。

次の煙体験は、煙を充満させた視界の悪い迷路をスタートからゴールに向けて姿勢を低くした状態でクリアするというものでした。

私はしゃがみながら進んでいましたが、娘たちは立ったままでもセンサーに引っかからなかったため楽そうにやっていました(苦笑)

(写真は迷路の見取り図です)

火事は火元に注意していれば、その発生はかなり抑えられます。

しかし時として自然発火のような現象があると、地震同様突然にそれは起こります。

身体の痛みもまた、普段気を付けていてもギックリ腰なんかは突然やってきてしまうことがあります。

正しい知識を身に付けながら、いかにリスクを減らしておけるか、災害に対してもケガに対しても同じことが言えますね。

 

災害のことが気になったら防災館、体のことが気になったら最寄りのタマコツへ 。

皆さん是非足を運んでみてください。