肘内障 - 多摩鍼灸整骨院(タマコツ)

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

肘内障

肘内障

肘内障とは

いわゆる『子供の肘が抜けた』と言われるケガです。
歩き始めたくらいから小学校に上がる頃までの児童に発症することがほとんどです。

動かすと痛くて泣き出し肘をやや曲げてじっとしているのが特徴です。
手を上げたがらないため肩をケガしたと感じる親御さんも多いです。
捻れや引っ張りで受傷します。

お買い物中に転びそうになったお子さんの手を引っ張ってしまったり、お子さんの手を持ってぶら下げて遊んだりと何気ない日常のシーンにケガの原因は潜んでいます。

一度はずれてしまうと癖になって繰り返す事も珍しくありませんが骨の成長と共に外れなくなります。

整骨院または病院で整復が出来ます。

当院では

肘内障以外の怪我ではないかを見極めてから、スタッフが整復技術で元の位置に戻します。
一瞬の出来事です。

骨が折れたり筋肉が切れたりするケガでは無いので、骨が元の位置に戻れば痛みは無くなります。
泣いていた子が嘘のように泣き止む事も珍しくありません。

治療はそれで終わりです。
状況によってテーピングや簡易包帯で予防します。

翌日、キチンと入ってるか?元の位置で安定しているか?を確認しますので来院頂きます。

肘内障に限らず、急なケガに関しましては緊急対応しますのでまずはご連絡下さい。

症例

初めての受傷は小学校に上がる頃までに起きることがほとんどです。

遊んでいる最中、お買い物中に多く起こります。急に黙って手を動かさなくなります。
小さいお子さんは、急に泣き始め、手を触らせてくれなくなります。

寝返りなどの不用意な動作でも起きますのでご注意ください。

繰り返すお子さんは小学2年生まで診せて頂いた事例もあります。
似たような痛みを5年生まで抱えていたお子さんもいました。

珍しい症状、怖いケガではありませんので心配はありませんがシッカリとケアする必要があります。
怪しいな?と思ったら遠慮なくご相談ください。