第4回の担当ははざま整骨院の高橋先生です。 - 多摩鍼灸整骨院(タマコツ)

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

第4回の担当ははざま整骨院の高橋先生です。

第4回の担当ははざま整骨院の高橋先生です。

column_s_takahashi

「肝心要の…」
体の部位をあてはめた言語は意外と多いですよね。「カンジン、カナメの…」も、そのひとつ。
カンジンと辞書でひくと、「肝心」「肝腎」。肝臓と心臓あるいは、腎臓のことで、「人体においてきわめて大切な部位であることから特に大切なこと。」と、ある。

この3つの臓器のうち、心臓と腎臓は人工臓器が作られていますが、人工肝臓だけはまだ成功していない。肝機能の検査を細かく分けると、その項目はなんと500~600種類にもなる。そんな複雑で精巧な機能を持ったものを作るとなると、膨大な開発費とスペースが必要になるからです。
環境汚染物質アルコールが肝臓を痛めることは有名ですが、見落とされがちなのが、化学調味料合成ビタミン類です。
化学調味料とは、グルタミン酸ソーダのことで「旨み調味料」とも言われ、グルタミン酸(昆布のうまみ成分)にナトリウムが結合し結晶となったものである。肝機能検査のGOT・GPTのGは実はグルタミン酸のGなのです。
化学調味料を御中元、御歳暮に贈るのは、恩を仇で返すことになりかねませんね。
ビタミン類では油性のAやEはとくに慎重に天然ビタミンを選びたいものです。
ビタミンEなど「天然」ではなく「天然型」タイプですと、肝臓に負担をかけるばかりで、思ったような効果は得られません。
ドラックストアで買うときは、値段にだまされるな!内容をよく見てお求め下さい。高ければ良いというものでもないですよ。

追伸!!!
タマコツでの最後の大仕事がコラムとなりました。
早いもので多摩整骨院の一員となり、5年が経とうとしています。その間、先生・スタッフを始め、患者さんの皆さんから沢山のことを勉強させて頂きました。
いつも楽しく、やりがいのある職場を出て行くのは少し…(いや!かなり!!)寂しい感じがします。
5年間培ったタマコツスピリッツを発揮し、今後はグループ院として、地元・高尾(狭間)で一人でも多くの患者さんを笑顔に導いて行ける様努力してまいります。 今まで本当にありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。

高橋 弘