第72回 地球に逆らった代償 柴崎先生(みなみ野院) - 多摩鍼灸整骨院(タマコツ)

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

第72回 地球に逆らった代償 柴崎先生(みなみ野院)

第72回 地球に逆らった代償 柴崎先生(みなみ野院)

column_s_shibasaki

地球上に生きている生物は、常に重力の影響を受けており、人間も例外ではありません。 特に人間は、上体を垂直に起こして両手を自由に使えるようになったことで劇的な進化を遂げましたが、重力に逆らいバランスを取ることで、上体を安定させて姿勢を保持することが必要になりました。その為、特に運動をしていなくても緊張を必要とされる筋肉が存在してしまい、これを地球に逆らったペナルティーマッスル(以下、姿勢支持筋)といいます。
*ペナルティーマッスル:私の中だけの呼び名です。

「そんな地球上で、理想な姿勢を支持するためには?」
column_72_img01右の図から解るように、姿勢支持筋は前頭面(赤ライン)正中面(青ライン)で分けられた4区画に存在し、それぞれの筋肉が拮抗(綱引き)して姿勢の支持をしているイメージをもたれると解りやすいと思います。
そして、それぞれの筋肉のバランス(張力)が崩れることで姿勢の悪化に繋がることになります。理想的な姿勢を支持する為には、緊張した筋肉のリラックスと衰えた筋肉を強化する必要があります。理想的な姿勢とは、重力に逆らいながら無駄な力を必要とせず、その負担を均等に分散できる姿勢です。
よく「顎を引いて、胸を張って、お腹を引っ込めて」などと説明されることがあると思いますが、それは、筋肉の力を必要とせず、骨だけで立っていられる姿勢と言っても過言ではないのです。ただ、骨だけだと風が吹けば倒れてしまうし、段差につまづけば骨はバラバラになってしまうので、地球に逆らう為に最低限の支持筋力が必要となるのです。

column_72_img02

姿勢分析システム(筋肉評価レポート)

「自分の姿勢を見つめなおす」
重力に逆らうための必要最低限の筋力がない、痛みにより関節の動きに制限がある、また、自分の姿勢を見ずにいくつもの注意点を意識しながら姿勢を保持する。 さて、正しい姿勢をとることができるでしょうか?
冷たいようですが努力なしに理想的な姿勢は得られません。 せっかく虫歯の治療をしていても、歯を磨かなければまた虫歯になるのと同じで、お互いの努力があってこそ正しい姿勢が成り立ちます。
歯の衛生があるように、姿勢にも衛生があることを忘れずにいて下さい。

まずは自分の姿勢を知ること、痛みを取り除くことから始めましょう。
当院では姿勢分析システムでバランスの崩れを診ることができます。地球からのペナルティーをなんとなく感じている方、各院スタッフへお気軽にお声かけ下さい。