第86回 クラシックミュージックのすすめ 鈴木 洋先生(みなみ野院) - 多摩鍼灸整骨院(タマコツ)

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

第86回 クラシックミュージックのすすめ 鈴木 洋先生(みなみ野院)

第86回 クラシックミュージックのすすめ 鈴木 洋先生(みなみ野院)

column_s_suzuki_b

201107_001梅雨ですねー!  暑いですねー! みなさーん!イライラしていませんかー?! イライラしてばかりいると、身体に良くないですよー!!

今日は、イライラを解消して健康になる方法をご紹介します。

“病は気から”とよく言いますが、怒ったり不安を抱えたりするなどの精神的なストレスが、免疫力を低下させることを皆さんはご存知でしたか?
実際に、人体の免疫機能の代表格であるNK細胞(がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞)は、精神的なストレスを受けると、受ける前に比べて数値が低下したと言う実験結果も出ています。
免疫力が低下すると様々な病気にかかりやすくなってします。
ちなみに、ストレスの原因を数値化したある調査によると、

1位 配偶者の死亡 100
2位 離婚 73
3位 別居 65
上位のケースはなるほど、という感じですよね。 しかし、少し飛んで

7位 結婚 50
・・・・

…これを見て、結婚しないことが一番ストレスを感じないのでは?と考えてしまったのは僕だけでしょうか?

いずれにしても、多少なりとも日常的にストレスを受ける事は避けられません。
そして、ここで是非お勧めしたいのが、音楽を聴くことです。音楽と言ってもここでは特にクラシックミュージックをお勧めします。
クラシックミュージックがなぜストレス解消によいか?

それは、クラシックミュージックのリズムは人の体のリズムと同じ、1/fのゆらぎの性質を持つからなのです。

1/fのゆらぎの性質とは何か?
連続的な、規則的ではない揺れのことを「ゆらぎ」と言います。
ゆらぎの波動を、f(周波数)と呼び、人間の体のリズムには、1/fというゆらぎのリズムがあります。
人間の心臓の鼓動は、1/fのゆらぎであり、川のせせらぎや滝の音、クラシックミュージックなども、人の体のリズムと同じ、1/fのゆらぎの性質を持つのです。
クラシックミュージックを聞くことにより、心が落ち着き、ストレスが解消されるのはこのためです。

また、クラシックミュージックにはα波の脳波を出やすくする効果があります。
α波は人が心身ともにリラックスして、安らいでいる状態の時に出る脳波です。
ある実験では、植物のゼラニウムにロックンロールとバッハのブランデンブルグ協奏曲を聴かせた(耳はありませんが)ところ、バッハの方が成長を促進させたとの事です。

ぜひ、みなさんもクラシックミュージックを聴いて、梅雨のイライラを解消してください。
ちなみに、実際の音楽療法では、心身の疲労とストレス解消には、バッハのG線上のアリアが効果的らしいですよ!

201107_003