多摩鍼灸整骨院のブログ

日野市・八王子市の整骨院。鍼灸、カイロプラクティック、スポーツの怪我

多摩鍼灸整骨院のブログ

気まぐれ! 食街道の旅

夜、YouTubeで某有名人がブラータチーズをウーバーイーツで頼んで食べている動画を見ました。

飯テロ、美味そう。

食の欲求に負け、後日、自由が丘まで本格チーズを食べてきました。

ピザ

自家製ミートボール

初めて食べましたが、丸いチーズの中から生クリームが出てきて濃厚なチーズでした。

牛乳の味が強かったです。

個人的にモッツァレラチーズが美味しかったと思いました。

チーズのお土産もあり買いました、また食べに行きたいです。

また気まぐれに色々情報を発信していきたいと思います。

高倉本院 堀井

辛味と旨味

皆さん、こんにちは。

梅雨に入りじめじめした毎日が続いてますが、体調はいかがでしょうか?

今年の夏も暑くなりそうな予感がしますので、夏バテ防止のために今のうち

から体力をつけ、栄養をしっかりと取っておきましょう...

 

 と言うことで、まずは栄養からいきます!(笑)

今回は患者さんに教えていただいたお店に行ってきました。

場所は、京王線の府中駅を降りてすぐの商業施設内にある「陳麻婆豆腐ぷらりと京王府中店」です。本格四川麻婆豆腐を食べるのは久しぶりで、

辛い料理が好きな私にもってこいでした。

山椒や辣油がアクセントになり、ご飯がすすむ一品です。

ランチセットはご飯がおかわり自由でしたので、きっちり2杯食べてきました。

麻婆豆腐の他にも美味しそうな四川料理がいっぱいあったので、また食べに行きたいと思います。

立川にもお店があるみたいなので、皆さんもぜひ食べに行ってみて下さい。

 

京王八王子院 伊藤

肉体の限界を追求する男 パート③

声の方向を振り返ると霧雨の暗闇のなかに白い笑顔のベビーフェイス。

「鎌倉せんせーい!!!」まさに救世主の登場。なんとアプリで私の位置を確認し待っていてくれたそうです。治療の器具とマットも持参。神!

さっそく、エスパージ(携帯型物療機器)をかけつつ固くなった、背中を緩めてもらいます。

その間約20分。

蘇りましたー!!!

深夜二時半遥か先のゴールに向かって走り出します。

鎌倉先生ありがとう。もう河口湖に向かって足を向けて寝る事はできません(笑)

仲間のサポートももらいLINEにはタマコツの仲間からの激励のメッセージが届いております。挫けるわけにはいかないのです。

 

一日目の夜が明ける頃、90㎞地点の大エイド、富士急ハイランドに辿り着きました。ここでは事前に預けてある荷物があります。それを取り出し着替えやヘッドランプのバッテリー交換、食べたい補給食の補充をおこない、疲れの出てきた膝周りの筋肉にキネシオテープを貼り、再スタートをきります。

100㎞から先は未知の領域。ゴールである、ここ富士急ハイランドに再び無事戻って来ることができるでしょうか?何事もなければ明日の朝には、全てから解放されてここにいるはず。

 

100㎞を過ぎると走ることが辛くなってきます。着地した足の裏が痛いのです。

忍野村までの長い舗装路は歩くことにします。周りのランナーもほとんどが歩いています。100マイルレースは100㎞までがウォーミングアップ、100㎞からが本番とどこかに垂れ幕がはってありました。

 

忍野村のエイドステーションに辿り着くとリタイア受け入れバスが止まっております。搬送予定時刻も丁寧に掲示されており、一瞬リタイアの誘惑に魅せられます。(いやいや、ここまできたんだ。リタイアしたら再挑戦だぞ、あと一年、またトレーニング漬けの生活をおくるのか)と自問自答しました。このときはゴールしたらしばらく走らないと固く心に誓っていたのです。

ここは長い目で、しばらく走りたくない気持ちが勝ち、これから文字通り、山場を迎えるコースのハイライトに向かいます。

ここから先は他のレースのコースであったり、試走したりして勝手知ったるコースそれだけに過酷さも知り尽くしており気合が入ります。切れ落ちた尾根やロープを伝わらないと登れない危険個所もあり、可能な限り明るいうちに通過しておきたいところです。もう早くは走れませんが先を急ぎます。

山中湖のエイドを過ぎ鉄砲木の頭と呼ばれる山の稜線に出ます。そこからは山中湖越しに富士山が良く見えます。日も暮れかかっており、今大会中に見る最後の富士山になるかな、などと考えながら通過します。この先は大会のハイライトでかつ山場、難所が連続。そしてナイトセクション。明るいうちにここを抜けられる走力が欲しい!!!

ここから二つ先の富士吉田のエイドまではまさに修行走。暗闇の中を安全に気を配りながらただひたすらに登って下ってを繰り返します。コース上には力尽きた他の選手が死屍累々と横たわり、二日目のナイトセクションを迎えて、サバイバルレースの様相を呈しています。幸いなことに自分は胃が重い以外、膝の痛み等の故障もなく、気温も寒くなく力尽きなければゴールまで行けそうな気がしてきました。

今大会最大の難所である杓子山の前の二十曲がり峠のエイドに到着すると、もはや野戦病院状態。テント内に横たわる人や椅子に腰掛けてうなだれる人でいっぱいです。日頃、のどかな富士山の展望地が絶望の地に。

私は長めの休憩をとり、ライトのバッテリーを交換し、シューズの紐を締め直し、再スタートをきります。ひたすらの修行走。ロングレースの後半はいつもそうなのですがあまり記憶がありません。人間、つらい記憶は自動消去する機能があると聞いたことがあるのですがこれがそうなのでしょうか。

 

次の富士吉田まではわずか12.2㎞。平坦なロードマラソンなら一時間の距離にいったい何分かかるんだ?あ、下のライトに照らされている壁は人工のコンクリートだぞ、下界が近づいてきたぞ。と思うと、他のランナーのヘッドランプに照らされた岩壁だったり、あれ足元に小動物がいると思ったら木の切り株だったり幻覚が見え始めます。オーバーナイトのロングレースではよくあるやつらしいです。自分もとうとう、その領域に入ったかと妙な感慨にふけりながら夜道を彷徨います。カウベルの音が聞こえてよやく最後のエイドステーション。

吉田うどんが提供されます。うーん、うどんのコシと汗をかき続けてる身に沁みる塩加減、最高です。日頃は蕎麦派の自分も、人生最高の一杯と思います。

GPSウォッチの充電をしつつ10分の仮眠をとり、いよいよ最後の山に向かいます。コース上の案内には熊出没注意!!との看板が。。。

熊鈴をもってないので前後のランナーと離れないようにしつついきます。家の近所の裏山みたいなのにひたすらに急な登りが続き、登りが終わったあともゴールは近づいてくる気配がありません。レースも終盤でナイトセクションになってくると現在時刻が全くわからなくなります。しらじらと夜が明ける気配とともにかすかに道路を走る車の音が聞こえてきます。山を下りて3㎞のロード区間を行くとゴールというのを大会前に説明があった事を思い出します。

ようやく解放される。ただシンプルにそう思いました。

 

山道を出てロード区間に出ると「伊東せんせーい!!!」と私を呼ぶ声が。

今度は幻聴か? 違いました、長年、多摩鍼灸整骨院にご家族で通院されている患者さまのご主人と息子さんでした。この方々はお近くにお住まいのため、この周辺で大会があるときには応援に来てくれます。もはや家族も応援に来てくれない(泣き!)ので、とてもありがたいです。ラストに来て応援のエネルギーをいただき、残りの3㎞、走ります。ゴールが見えてきました。日中とは異なり、賑やかだった大会会場も閑散としていますが、大会スタッフやチームメイトを待つ観客の方々からスタートとした時と変わらぬ熱い声援が飛び交い長かったレースのゴールを盛り上げてくれます。毎回、ロングレースのゴールにはこみ上げてくるものがありますが、今回は解放感が半端じゃない!

これでもう走らなくていい!という思いに占拠されます。そして無事ゴーーール。

ついにランナーとしての3つの目標のラスト、100マイル完走を果たしました。準備と試行錯誤を重ねて、身体にトラブルなくゴールしたのが何よりも嬉しいです。過去のレースでは膝や足の裏、腰が痛くなり辛い状態でゴールしたことも何度もありましたが、レース後、弱い部分のトレーニングやフォームの改造で克服してきました。この経験は毎日の診療で患者さまに還元できているのではないかと思います。今後も自分の身体を使いながら痛みの起きない身体について研究していきます。次は何にしようかな。

 

 

雨の中癒しを求めて

こんにちは高幡のキャンプ芸人の貝瀬です。

遂に関東も正式に梅雨入り!

心身共に疲労が溜まりやすい時期、、

何かと癒しが欲しいですよね〜〜

私は先日、大自然の癒しを求めて奥多摩へキャンプに行って来ました!

自然の中で聴く雨の音は普段と違って癒されます。

そしてゆっくり焚き火とお酒を楽しんできました。(こっちが本命)

皆さんも癒しの時間を作り快適に梅雨を乗り切りましょう!

高幡院 貝瀬

肉体の限界を追求する男 パート②

前日までの大雨の影響で一部コースが変更されましたが無事にスタート。日本最大級のトレイルランニングの大会ということもあり大勢の大会スタッフやギャラリーに見送られながらスタートします。

 

コロナ禍で二年延期になったこともあり、この三年間プライベートの時間の大部分をこの大会のために掛けてきたのでうるっときてしまいました。しかしながら感傷に浸れるのは今だけで後でしんどくなるんだろうと思いつつ走り続けます。

 

約50キロ地点のエイドステーション(休憩所 飲食物あり)までは、この時期にしてはやや暑いなと思いながらも順調に進みます。

ここまではコース変更もあり平坦基調で来れましたが、コース図をみるとこの先の精進湖のエイドステーションまで急な登りが3つ続きます。あまりコースのハイライトとして話題にあがらない山、3つでしたがかなりの急登でなかなかにハード、楽ができると思ったくだりも急坂過ぎて脚にダメージが・・・

更には予想外の暑さで水分補給の量が多く胃が痛くなってきました。

胃が痛くなると体性内蔵反射といって背中にハリも出て来ます。急な登りと下りの連続で背中が痛くなってきました。これは予想外のトラブル。まだ70キロ地点・・・ あと90キロ 行けるのか?不安がよぎります。

 

対処法を考えなら走っていると、精進湖エイドが近づいてきます。すると「周せんせーい!」と私の名前を呼ぶ声が!!! 時間は土曜日、深夜二時。ロングレースは幻覚が見えたり、幻聴が聞こえたりすることがあると良く聞きますがレースはまだ前半戦。早過ぎる。

 

一応、声の方向を振り返ると霧雨の暗闇のなかに白い笑顔のベビーフェイス。

その正体は・・・・・

パート③に続く。

私の癒し

ジメジメとした暑い日が増えてきました。

どうも、みなみ野院のディズニー好きといえば私、髙木です。

今回はまだ紹介していなかった新しい家族を紹介します。

2年前くらいに親戚から託された虎(とら)ちゃんです!

先住犬、銀ちゃんと同じロングコートチワワのオスです!

名前の理由はわかりませんがチワワなのに虎なんです(笑)

舌が出ていて、実は顔に隠れミッキーが!!

銀ちゃんは脚や銅体が長くてシュッとしていてハンサム顔ですが、虎ちゃんはまん丸くて足も短くて女のこっぽいです。

2人とも可愛くて私の癒しです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン放浪記 パート⑦

皆様こんにちは。 ラーメン放浪記の吉田です。

 

今回ご紹介するのは、皆様誰もが一度は食べたことあるのではないでしょうか?

二郎系ラーメンの「田田」です。

クセになりますよね~ 何故でしょうか? たまに食べたくなりますので、その時はドンキ近くへ足を運びます。もちろん休み前にね、、、

 

以前は京王八王子院の近くにあったので、すぐ行けたのですが、今現在は少々離れてしまい残念です。(;_:)  京王八王子院 吉田

肉体の限界を追求する男 パート①

どうも、肉体の限界を追求する男、伊東です。

先月の4/22~24にかけて日本最大級のトレイルランニングの大会

UTMF2022(ウルトラトレイルマウント富士2022)に出走してきました。

馴染みのない方に簡単に説明しますと富士山の周りを一般道や山道、農道などをつなぎながら157㎞ 累積標高6388mを制限時間44時間以内で自分の脚で走るもしくは歩くイベントです。

何故、このような過酷なレースに挑戦しようと考えたのか?

走り始めた理由はよく覚えています。6年前の息子の保育園の運動会の親子リレーで足がもつれ転びそうになり、運動会終了後の帰り際に園長先生に「伊東さん、大丈夫ですか?」と声を掛けられたのがきっかけです。

私、小学校の頃からかけっこには自信がありまして、この運動会当時もロードバイクで100㎞以上走るのは日常だったため若いお父さんには負けないぜ!っと心の中で思っていたので非常にショックを受けたのでした。

まずはランニングシューズとカスタムインソールを買いました。ランニング障害の患者さんを治療させていただくことも多かったので、ランニングへのスタートは慎重に入ります。最初の目標は地元福生の横田基地で行われるハーフマラソン。次は立川ハーフマラソン、その次は・・・と少し高めの目標を設定し、それをクリアすることに達成感を感じるようになりました。途中、アキレス炎やランナーズニーなど一通りのランニング障害も経験しつつ、日頃の業務で培った知識と治療で克服し、治療家としても役立つな、などど考えながら

フルマラソンも完走することができました。こうなると目標は次第にエスカレートし行きついた結論は①フルマラソン 3時間半切りの サブ3.5 ②ウルトラマラソン(100キロのロード)完走 ③100マイルのウルトラトレイル完走です。

①と②は順調にクリアし③にとりかかります。

③のターゲットレースは冒頭のUTMFです。

これは①、②と比べて内容がことなります。

・山道である

・競技時間が長い

・参加するためには指定されたレースを完走しポイントを獲得しなければならない

ここからマラソンチャレンジで基礎を築いた走力をもとに新たな挑戦が始まります。
30㎞、50㎞、70㎞、100㎞のレースに順次エントリーして経験値を上げます。

・痛みがでないか?

・補給食(走りながら食べる物)はなにが良いか?

・ウエアや装備のフィッティング、使い勝手のチェック

・夜を徹して行動し続けるのでヘッドランプのバッテリーの持ちはどうか?

など、想定出来る限りのシュミレーションを行いつつ経験値をあげていきます。

このあたりがロールプレイングゲームで育った世代の私としてはドラクエっぽくて面白いところです。

試行錯誤を繰り返しながら出場権を獲得し、2年の延期を経て2022年4月22日ようやくスタートラインにたつことができました。

 

日本で一番小さい○○といえば…

コロナの流行も若干落ち着いてきていますが皆さんはどこかに出かけられましたか?

私は久々に旅行で香川県まで行ってきました。

まずは石段が1368段もある金刀比羅宮をお参りしました。日頃身体を動かしているので大丈夫だろうと思っていましたが想像以上に階段が急で最上段の厳魂神社に着いた頃には息が上がりっぱなしです(笑)しかしそこからの景色は壮大でかなりの、見ものでした。金刀比羅宮に着く前途中にある資生堂パーラーにも寄りたかったのですがタイミングが悪く臨時休業でした…(´;ω;`)

皆さんもいかれた際に足腰に自信のある方は是非参拝して頂きたいものです。

 

あと香川県と言ったら【うどん】ということで滞在中数えてみたら12杯も食べていました(´><)ゝどこのお店もうどんにコシがありもっと食べたくなるものでした。その中でも有名ながもううどんのかけうどんやバカ一代のカルボナーラうどんはもう一度食べに行きたいお店です。うどん以外にもオリーブの搾りカスを食べさせて育てたオリーブ牛や嫁入りさせるときに持たせるおいりも有名です。

 

 

         

 

 

 

もうひとつ有名な【小豆島】は自然豊かでのんびりとしていました。私はレンタカーを借りていたので車ごとフェリーにのり散策しましたがレンタサイクルでゆっくりツーリングをするのもありですね。オリーブ園ではたくさんのオリーブが育てられ希少な日本産オリーブ油の精製も行われていました。しかも魔女の宅急便の舞台で使われていたセットもあるため、映える写真が取れるスポットとしても有名です。

 

 

45日で行ったので日本で1番小さい県なら全域を観光できるかと思いましたがしっかり見て回ると時間もなくまた再チャレンジしたくなる場所でした。今回は香川県だけでなく徳島県の鳴門の渦潮や愛媛県のしまなみ海道にも行ってみましたがまだまだ回り足りないものです。もし皆さんのなかで香川県のおすすめスポットがある際にはぜひ菅原まで教えてください!

暴飲暴食にお気を付けて

こんにちは、先日健康診断でA評価を貰っていい気になっている京王八王子院の薬師寺です。
いい気になりすぎて食いまくっていたらなんと4キロも太ってしまいました。
今回はそんな食事の一部を紹介します。


爆肉丼の店七色さんの「爆肉丼鉄人盛り」

総重量は1キロあるらしくなかなかのボリューム


ニンニクのパンチ感と塩味のパワーを内臓全体で感じられる一杯でした。

さらになんと味噌汁も飲み放題、ニンニク入れ放題と、更なる高みへ上りたい方にも満足できるのが嬉しいですね。

超人盛りという1.8キロのメニューもあるそうですが、どうやら薬師寺は鉄人で精一杯でした。
我こそはという方はぜひ挑戦してみてください。

京王八王子院 薬師寺